Solaceのメッセージングミドルウェアテクノロジーは、世界中に存在する、あらゆるアプリケーション、ユーザ、デバイス間において、様々なネットワークを介して効率的に情報を移動します。 Solaceは、最先端のメッセージングミドルウェアテクノロジーを“メッセージルータ”として二つの形態で提供しています。

  • 仮想メッセージルータ (VMR) はソフトウェアベースのメッセージルータであり、VMまたはコンテナ上で動作します
  • ハードウェアアプライアンス、スケールとキャパシティの異なる二つのモデル(3530及び3560)

Solaceの優れたソリューションは、比類のないキャパシティ、パフォーマンス、堅牢性とTCOを提供します。このため、ユーザは、複雑なデータ配信インフラストラクチャーの構築と保守ではなく、ビジネスの機会を獲得することにフォーカスすることが可能になります。
現代の企業が直面しているチャレンジでは、アプリケーション同士が接続することを可能とする、単一の統合されたデジタルバックボーンの必要性が存在しています。

  • パブリッククラウドと企業のデータセンター
  • センサー群とコントロール室
  • 本社の一部として機能する支社オフィス
  • プライベートクラウド、パブリッククラウドとクラウドでない環境間で接続が必要なアプリケーション
  • その他、ありとあらゆるもの

solace-everywhere

Solaceテクノロジーの詳細に入る前に、Solaceメッセージングの基本にご興味がある場合、コア・コンセプト を参照して下さい。

マルチサービス

messaging-platform-multi-protocol-support

Solaceメッセージルータは、メッセージングミドルウェアに求められる全ての要件に対応し、理想的なデータ配信プラットフォームのワンストップショップとなるため、多くの異なるトランスポートとプロコトルをサポートしています。Solaceを採用することで、エンタープライズ、ビッグデータ、ウェブストリーミング、IoTの要件に対して複数のメッセージングプラットフォームを使用する必要はなく、RESTを含むプロトコルに置いて追加のプロキシも必要としません。これらは全てビルトインされています。Solaceメッセージルータは、これらの要件に対して、単一でテクノロジーが統合されています。Solaceメッセージルータがサポートする機能のサマリーは、下記の通りです。

SolaceのメッセージングAPI

Solaceの提供するAPIは、堅牢で、Solaceの提供する機能、サービスに対して統合されています。Solaceの提供するAPIは、図中で灰色または青色で表現されています。

  • 企業内: Solaceの提供するAPIは、灰色で表現されています。 (C.NETJavaJavaRTOJMS と Node.js) は、最も頻繁に企業内で使用されます。
  • ウェブメッセージング: Solaceの提供するAPIは、青色で表現されています。(JavaScript と iOS) は、一般的にウェブメッセージングで使用されます。

オープンなプロトコルとAPI

Solaceは、JMSOpenMAMAを始めとするオープンなAPI、MQTTRESTを始めとするオープンなワイヤーラインプロトコルをサポートし、アプリケーションの統合、他のミドルウェアとデータ配信テクノロジーの統合を容易にします。これらは、緑色で表現されています。

ノンパーシステントとパーシステントのメッセージQoS

Solaceメッセージルータは、メッセージ配信のモードとして、ダイレクト(ノンパーシステント)と保証(パーシステント)の二つをサポートします。加えて、それらはセッションベースのトランザクションとXAトランザクションをサポートします。これらについては、コア・コンセプトで説明されています。

容易なインテグレーション

ビッグデータ、ESB、JEE、DataPowerなど、サードパーティの商用及びオープンソース製品とのインテグレーションをシンプルに行うことが可能です。
詳細につきましては、以下のリンクを参照して下さい。

セキュリティ

Solaceは、認証、 権限、暗号化機能を包括的にサポートし、企業のインフラストラクチャーと情報を常に保護するとともに内部と規制によるセキュリティ監査に対応可能です。

認証

Solaceメッセージルータは、クライアントアプリケーションとアドミニストレータの認証をいくつかの異なる方法でサポートします。

  • アプリケーションとアドミニストレータに対する認証は、ユーザ名とパスワードのほか、ワンタイムパスワード(OTP)システムとのインテグレーションをサポートします。
  • アプリケーションとアドミニストレータに対する認証は、LDAP、Radius、Kerberos、または内部データベースによる認証が可能です。
  • アプリケーションは、シングルサインオン(Kerberosトークン)または、TLSクライアント証明(X.509 certificates)による認証も可能です。

詳細につきましては、以下のリンクを参照して下さい。

権限

アプリケーションおよびアドミニストレーションに対する権限の設定では幾つかの方法を提供しています。

  • アプリケーションの権限は、アプリケーションのIPアドレス、パブリッシュおよびサブスクライブ可能なトピックを定義するアクセスコントロールリスト(ACL)によって管理が可能です。このACLは、ルータ上のユーザ名、LDAPのグループメンバーシップに基づいた割り当てにより静的に設定が可能です。
  • サブスクリプションマネージャー機能は、メッセージVPN上のサブスクリプション管理を集中的に行う場合に有効です。これは、クライアントまたはサービスに与えられるサブスクリプションを中央で管理します。アプリケーションは、特別なクライアントがメッセージVPN内でのサブスクリプション管理を他のクライアントに代わって行うSolaceのOn-Behalf-Of subscription機能を使用することが可能です。
  • アドミニストレーションに関わる役割では、メッセージルータとそれぞれのVPN内において、それぞれのアドミンが参照または変更可能な内容を管理し、全てのコンフィグレーションの変更に関するログを日時と変更ユーザの情報とともに記録することです。

詳細につきましては、以下のリンクを参照して下さい。

暗号化

メッセージ及び管理用トラフィックが意図された受信者またはアドミニストレータにのみ読み出すことができることを確実にするために、Solaceは、トランスポートレイヤーのTLS暗号化を様々な暗号アルゴリズムの組み合わせでサポートしています。
詳細につきましては、以下のリンクを参照して下さい。

堅牢性

Solaceメッセージルータは、スローコンシューマ管理、フォールトトレランス、高可用性、ディザスタリカバリをサードパーティ製品を必要とせずに実現し、現存するデータ移動インフラストラクチャーとして最も高い堅牢性を提供しています。

高可用性とフォールトトレランス

Solaceメッセージルータは、フォールトトレランスのために高可用(HA)な冗長ペアでの運用が可能です。Solaceの高可用性は、1:1のルータスペアによりサービスアベイラビリティを向上させます。
詳細につきましては、以下のリンクを参照して下さい。

ディザスターリカバリー

Solaceメッセージルータのレプリケーション機能は、ストレージレプリケーション、ミラーゲートウェイ、プラグインなどのような複雑な外部の仕組みを必要とせず、ディザスタリカバリー(DR)機能を提供します。レプリケーション機能は、アクティブなデータセンター内のメッセージルータからDRサイトのメッセージルータへメッセージと配信ステートを直接伝達します。メッセージは、設定により、同期または非同期でレプリケートすることが可能です。この機能はまた、アクティブなデータセンターのルータからDRサイトのルータへ全ての設定変更も伝達します。このため、ルータ間における設定変更の移行について調整が必要ありません。オペレーションと高い性能をシンプルかつ堅牢に実現するソリューションとなります。
詳細につきましては、以下のリンクを参照して下さい。

スローコンシューマのハンドリング

Solaceメッセージルータは、スローなコンシューマの存在によってパブリッシャーとファストコンシューマのパフォーマンスに影響を与えることがありません。Solaceメッセージルータは、スローコンシューマを想定した設計が行われています。保証型メッセージングの場合、パブリッシャーとファストコンシューマは識別され、遅いまたは、リカバリー途中でメッセージストレージが増加しているコンシューマよりも優先的に処理されます。
詳細につきましては、以下のリンクを参照して下さい。

フェデレーションとディストリビューション

Solaceメッセージルータは、ダイレクトおよび保証メッセージングにおいて、統合された動的なルーティングプロトコルとルータ同士のブリッジをサポートしています。

ルータ同士のブリッジ

ルータ同士のブリッジは、メッセージVPNブリッジと呼ばれます。メッセージVPNブリッジは、二つのSolaceメッセージVPN間を内部的に接続するブリッジを提供します。このメッセージVPNは、異なるデータセンターまたは単一のデータセンター内で動作する異なるSolaceメッセージルータ、または、同一のSolaceメッセージルータ内で動作する二つのメッセージVPNで可能です。二つのSolaceメッセージVPN間でのブリッジは、異なるメッセージドメインに存在するアプリケーション間でのコミュニケーションを可能とします。ブリッジされるメッセージは、アドミニストレータによりトピックサブスクリプションを使用してきめ細かくコントロールされることで、メッセージVPN間でブリッジされます。メッセージVPNブリッジは、ダイレクトと保証型メッセージの両方でサポートされます。
詳細につきましては、以下のリンクを参照して下さい。

マルチノードルーティング

マルチノードルーティング機能は、複数のSolaceルータをネットワーク化し、あるSolaceメッセージルータに接続するクライアントがパブリッシュするメッセージを同一または異なるSolaceメッセージルータに接続するクライアントへネットワークを介して配信することを可能とします。Solaceメッセージルータは、サブスクリプションおよびトポロジーに関する情報を動的に交換することで、ネットワーク上において、それぞれのメッセージルータに接続するクライアントが、どのトピックをサブスクライブしているのかを理解し、クライアントの要求に合わせて効率的なメッセージの配信を行います。
詳細につきましては、以下のリンクを参照して下さい。

ハイパフォーマンス

ハイスループット

Solace仮想メッセージルータとSolaceメッセージルータアプライアンスは、ハイスループットを実現することを目的にデザインされています。Solaceメッセージルータアプライアンスは、最大2,400万メッセージ/秒でのダイレクトメッセージングと、最大160万メッセージ/秒での保証型メッセージングを可能としています。ダイレクトメッセージング、保証型メッセージングともに最大40 Gbpsでの入出力がサポートされています。
詳細につきましては、以下のリンクを参照して下さい。

予測可能で低遅延

Solaceメッセージルータアプライアンスは、高いメッセージレートにおいても予測可能で低遅延で、低遅延、一貫性のある遅延を全てのサービス品質において可能とする新たな標準となります。ダイレクトメッセージングでは、送信元APIから受信側APIの間において、平均的な遅延は、18マイクロ秒、保証型メッセージングでは、25マイクロ秒の遅延を実現する様々なパフォーマンスオプションを提供しています。

高速、効率的なWANでの配信

全てのSolaceメッセージルータアプライアンスには、WAN最適化を実現する製品と同様のWAN最適化機能が統合されています。機能として、並列的なTCPコネクションの使用、一般的に80%のペイロード圧縮を可能とするストリーミング圧縮、スロースタートや輻輳管理などのバッファレベル、TCPパラメータレベルのコントロールを含みます。
詳細につきましては、以下のリンクを参照して下さい。

仮想化(メッセージVPN)

Solaceメッセージルータは、単一のSolaceメッセージルータ内において完全なメッセージの隔離を伴うアプリケーショングループの仮想化をサポートしています。この機能は、コア・コンセプトで説明されているメッセージVPNの機能を使用して実現されています。

その他

シンプルなオペレーション

Solaceのメッセージルータは、容易に配置でき、高い可用性とサービスを継続したアップグレードを可能とします。既存のツール、セキュリティシステムとの統合が容易な強力なモニタリングと管理フレームワークは、ご使用中のインフラストラクチャーの保護と障害に対するトラブルシューティングをかつてない程に容易にします。
詳細につきましては、以下のリンクを参照して下さい。

複数の管理アドミニストレーション用インターフェイス

管理システムとの統合は、以下の方法によって実現可能です。

  • SYSLOGクライアントの接続/切断、キューに対する閾値への到達、ディスクに関する閾値への到達などのメッセージングに関わる非同期イベントを受信するために標準的に使用されます。
  • アプリケーションは、SolaceのメッセージングAPIを使用して必要なイベントのためのトピックをサブスクライブすることで、メッセージングシステムを使用した非同期イベントをサブスクライブすることが可能です。
  • Solace Element Management Protocol(SEMP)と呼ばれるXMLベースのRESTインターフェイスにより、設定と統計値/ステータスの取得が可能です。このインターフェイスは、SolaceのSolAdmin GUI マネジメントソフトウェアでも使用されています。
  • Solaceメッセージルータは、コマンドラインインターフェイス (CLI)をサポートしています。